鼻の毛穴の黒ずみの原因とか対策方法とかについて

顔の中心にあり、どうしたって目立ってしまうのが鼻です。
その毛穴が黒ずんでいたりすると、顔全体の印象が汚く見えてしまいかねません。
つるんとした美しい小鼻を目指すため、黒ずみの原因と対策を理解しましょう。
黒ずみの原因は大きく分けて3タイプあるようです。
汚れによって詰まっているタイプ、ぽっかりと開いてしまっているタイプ、メラニンが蓄積しているタイプらしいです。
メイク汚れや古い角質を除去していないと、それが毛穴に溜まり、酸化して黒ずんで見えるようになるんでしょう。
このタイプの鼻はザラザラとしているのが特徴みたいです。
クレンジングや洗顔は行っているはずなのに、汚れが溜まっている場合は、クレンジング剤の使用量を誤っていたり、洗顔が不十分であったりする可能性があるんだろうと思います。
この対策としては、ご使用中のクレンジング剤の使用目安量を改めて確認し、丁寧なクレンジングを行い、洗顔は優しくすみずみまで洗浄してあげることが大切だと思うのです。
洗顔料はたっぷりと泡立て、ゴシゴシ擦らずに指を滑らせるように洗いましょう。
すすぎは最低でも30回とかそのぐらい行ってみたらいいんじゃあないのかと思ったりもします。
汚れを流し切らないと、顔に残ったまま新たな黒ずみを作ってしまうかもしれません。
毛穴が開き切ってクレーターの様になってしまっているタイプは、肌の乾燥が原因だと思います。
肌が潤いを失い、キメが乱れ、毛穴が大きく見えてしまうのではないでしょうか。
洗顔後は時間を置かずに、すぐに保湿するのが多分良いのでしょう。
特に、鼻はテカりがちだからと、保湿ケアを怠ってしまってはいけないんだと思います。
肌に刺激の少ない良質なスキンケア用品を、惜しみなく与えてみたらいいんじゃないでしょうか。
肌の奥にまで潤いを届けるセラミドや、水分量を保持してくれるコラーゲンなどが入っているものを選び、肌の奥底から潤いを保つことが重要だと思うのですけど、どうなんでしょうか。
また、ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすく、毛穴引き締め効果もあるみたいです。
スキンケア用品を選ぶときは、有効成分の含有量にも注目してみてもいいのかもしれないと思ったりもします。
メラニンが蓄積し、色素が沈着しているタイプは、ターンオーバーが乱れている可能性があるんだろうと思っています。
紫外線や外部からのダメージにより、おそらくメラニンは作られます。
正常であればメラニンは徐々に排出されていくのですが、ターンオーバーが乱れている場合、そのまま黒ずみとして鼻に残ってしまうのだろうと思わないでもありません。
パックなどで無理やり角栓を引き抜く、過度なケアで肌に負担を与え続けるなど、肌に炎症を起こさせるような行為は、ターンオーバーを遅らせる原因となるのではないだろうかと思うので、控えましょう。
このタイプの対策は、紫外線ケアを念入りに行い、新たなメラニンを増やさないことと、美白スキンケア用品を上手に使うことみたいです。
L-システイン、トラネキサム酸などが美白の有効成分らしいんです。
ターンオーバーは乾燥によっても乱れる場合があるらしいので、保湿ケアも十分に行ったらいいんでしょう。
このように、毛穴の黒ずみはタイプによって原因も対策も異なるんだろうと思います。
生活習慣を整えることも、解決の一歩となるのだろうと思いますので、規則正しい生活を送るといいでしょう。
上記を参考にすると、もしかしたら魅力的な小鼻を取り戻せる可能性もあると思わない事もありません。

カテゴリー: 鼻の毛穴の黒ずみ パーマリンク